マガジンのカバー画像

オリジナル記事

39
資金調達を実施した企業様にインタビューした記事や注目分野のまとめ記事などを掲載させていただきます。
運営しているクリエイター

#資金調達

シリーズAってなに?投資ラウンドや事業ステージごとの資金調達手法を分かりやすく一挙解説!

STARTUPLOG 運営です いつも、速報記事をご覧いただきありがとうございます。 皆様は「投資ラウンド」「シリーズA」などの言葉を耳にしたことはありますでしょうか? この記事ではこれから起業される方に向けて、「投資ラウンドの意味とそれぞれの特徴」に関して解説していきます。学生の方でも理解できるようにかみ砕いて、かつ詳しく説明しています。よろしければ是非ご覧ください! 1. そもそも投資ラウンドってなに? 投資ラウンドとは、「投資家が企業に対して投資(出資)をする段階

スキ
29

シードラウンドってなに?資金調達で注意するべき3つのポイントとは

投資ラウンドの中で「シードラウンド」というステージがあります。創業前または創業後間もない企業が行う資金調達のことを指しています。 シードラウンドの前段階で「エンジェルラウンド(=プレシードラウンド)」などもありますが、エンジェルラウンドから一歩進んだステージとなります。 この記事ではシードラウンドについて、また気を付けるべきポイントや資金調達方法について解説します。 シードラウンドとはエンジェルラウンドを経由していなければ、スタートアップが行う初めての資金調達ラウンドとなり

スキ
3

スタートアップの資金調達を成功させる「エクイティ・ストーリー」の作り方とは?

エクイティ・ストーリーとは金融用語では「コーポレートストーリー」とも呼ばれます。 投資家や株主に向けて会社の強みや特長、成長戦略などをわかりやすく伝えるためのストーリーをまとめたもので、エクイティファイナンスを実施する際に、調達完了後の資金使途や事業戦略、成長戦略を投資家に説明するものにもなります。投資家に自社の魅力を伝え、自社の企業価値を向上させる最も基本的な手段であるため、エクイティストーリーを構築し、投資家とのコミュニケーションを通じて継続的に磨き上げていくことが重要

スキ
16

シード期の資金調達手法 J-KISS(日本版 Keep It Simple Security,コンバーティブルエクイティ)とは?

J-KISS / コンバーティブルエクイティとは実体経済と金融市場双方の課題を解決する手段として、転換価額(Valuation Cap or 次回ラウンドの時価)の算定式のみが設定された新株予約権等により資金供給を行い、将来企業価値評価の正確性が高まったタイミングで株式転換を行う「コンバーティブルエクイティ/コンバーチブルエクイティ/J-KISS」の有効性に着目が集まっています。 米国では活用が進む一方で日本国内では「J-KISS / コンバーティブルエクイティ」の認知度が

スキ
4

【解説】スタートアップにとってのエクイティ・ファイナンスとは?

創業間もないスタートアップ、ベンチャー企業は資金調達による事業成長が必要です。デットファイナンスと並ぶ資金調達手法の一つであるエクイティファイナンスとは、将来的な成長の期待を狙い、株式発行の対価として資金提供(出資)を受けることを意味します。 いわゆるデットとは異なり借入(負債)がないため、新規事業や研究開発など前向きな取り組みを行う資金として活用されやすいです。 このコラムではエクイティファイナンスについて解説します。 エクイティファイナンス(増資による資金調達)の概要

スキ
17

これが基本!【スタートアップのための資金調達】3つの方法とは?

スタートアップのための資金調達方法とは起業の際に必要になる「お金」。 資金調達が必要ない、“自己資本”が潤沢にあるレアなパターンを除けば、資金調達は経営者にとって重要なミッションの一つとなります。 この記事では、スタートアップにオススメの資金調達方法を紹介します。 資金調達方法は大分類すると3パターン「アセットファイナンス」 =会社(あるいは経営者)が所持している持つ有形・無形の資産を資金化する方法です。 スタートアップの場合、これから起業するケースも多いのでそもそも

スキ
9

ベンチャー/スタートアップ支援に興味のある専門家やベンチャー投資家(エンジェル投資家)を募集しています

ベンチャー/スタートアップ支援に興味のある専門家やベンチャー投資家(エンジェル投資家)を募集しています。今後、オンラインサロンの立ち上げを予定しており、起業家および起業家予備軍の方に、スキルやノウハウの提供をお願いしたいと考えております。(謝金あり) 新型コロナウイルスまん延により、厳しい経営環境にさらされているベンチャー/スタートアップ企業が数多くいらっしゃいます。 こうしたベンチャー企業を少しでも支援するため、EXPACT(スタートアップログ運営)は、一般社団法人ベン

スキ
11

【Twitterキャンペーン開催】kurakatsu×STARTUP LOGコラボキャンペーン!Amazonギフト券が当たる!!

いつも当メディアをご愛読いただき、誠にありがとうございます。 新年度が始まり、皆さん新しい生活に心を躍らせているのではないでしょうか? スタートアップログでは、Twitterにてエンジェル投資のポートフォリオ管理アプリ「kurakatsu」様とAmazonギフト券3000円分が当たる!コラボキャンペーンを開始します!🎉 皆様のご参加を心からお待ちしております! また、企業コラボキャンペーンは、ユーザー様に楽しんでもらう他、フォロワー数の増加や情報拡散を促すこともできます

スキ
9

2022年海外版 資金調達情報データ(スプレッドシート)

2022年の資金調達情報をスプレッドシートでまとめたものです。 海外スタートアップについてインプットされたいVCやCVCの担当者の方、または、上場企業などで新規事業を担当されている方のビジネスモデル研究にもオススメです。新規事業のシーズ収集などにご活用ください。 2022年国内版は以下を参照 一度購入して頂ければ、2022年12月31日までの更新分まで閲覧することが出来ます。 掲載内容は、以下になります。 【企業情報】 所在地 / 業種 / 事業ジャンル / 事業内容

スキ
9
有料
10,000

2022年国内版 資金調達情報データ(スプレッドシート)

2022年の資金調達情報をスプレッドシートでまとめたものです。国内スタートアップについてインプットされたいVCやCVCの担当者の方、または、上場企業などで新規事業を担当されている方のビジネスモデル研究にもオススメです。新規事業のシーズ収集などにご活用ください。 2022年海外版は以下を参照 2021年国内版は以下を参照 2021年海外版は以下を参照 2020年国内版は以下を参照 2019年国内版は以下を参照 一度購入して頂ければ、2022年12月31日までの更新分

スキ
5
有料
10,000

ニュースメディア「STARTUP LOG」は、WEBアプリをリリースいたしました。

スタートアップ・ベンチャー企業の資金調達支援を行うEXPACTが運営するスタートアップの資金調達に特化したニュースメディア「STARTUPLOG(以下 スタートアップログ)」は、WEBアプリをリリースいたしました。 WEBアプリ日本版 https://app.startuplog.com/ 海外版 https://global.startuplog.com 「スタートアップログ」とは2019年より開始した「スタートアップログ」は、スタートアップの資金調達に特化したニュース

スキ
5

スタートアップ、ベンチャー企業必見!”借りない資金調達”需要高まる即日ファクタリングサービス「PAYTODAY」とは?

スタートアップ・ベンチャー企業の創業初期段階において、資金繰りへの悩みはついてまわるもの。時として、資金調達は会社の命運をも左右する重要な問題となります。 そんな中、今注目を集めているのが、手元の売掛債権(請求書)を買い取ってもらい、早期に現金化することができる「ファクタリング」。 本日は、数あるオンラインファクタリングの中でも特にスタートアップ・ベンチャー企業から人気を集めている、即日・最安・オンラインで完結するファクタリング(*1)サービス「PAYTODAY」を展開する

スキ
4

これを読めば一目で分かる!資金調達の流れと仕組みを解説します!!

こんにちは。STARTUP LOG運営事務局です。 いつも記事をご覧いただきありがとうございます。 今回は、「起業を目指しているがあまりよく分からない!」「詳しい流れが知りたい!!」という方向けに、資金調達の流れと仕組みを解説します。 1. そもそも資金調達とは?どんな仕組み? 新しい事業を立ち上げる際に、自己資本のみで資金を準備するのが難しい場合に様々な方法で資金を調達することを「資金調達」と呼びます。

スキ
4
有料
100

【スタートアップ企業向け】サイバーとフィジカルの融合により新たな価値を創出するアクセラレータープログラム「Toshiba Partner Connect 2021」への参加エントリー受付中!

「Toshiba Partner Connect 2021」へのエントリー受付がはじまっています!(受付期間:12/01(水) 09:00 - 12/22(水) 18:00) 「Toshiba Partner Connect 2021」とは、エネルギー・社会インフラ・半導体など、社会基盤を⽀えてきた東芝グループの技術と社外のデジタル技術・ビジネスアイデアを掛け合わせることで”新たな価値の創出”を目指し、協業パートナーを積極的に求めている東芝グループ各社が集結した共創プログラ

スキ
7