マガジンのカバー画像

オリジナル記事

78
資金調達を実施した企業様やVCなどの投資家様にインタビューしたオリジナル記事や注目分野のまとめ記事などを掲載させていただきます。
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

お仕事依頼/お問い合わせについて

STARTUP LOGへのお仕事依頼についてWordPressよりも使いやすいnoteで、企業アカウントが増加しています。 しかし、noteの更新頻度が低く、ユーザーや消費者に必要な情報が十分に伝わっていないと感じる方もいらっしゃるかもしれません。 そこで、STARTUP LOGがスタートアップ、ベンチャー企業、VCの皆様に幅広いサポートを提供致します。マガジンの共同運営や取材記事の執筆を通じて、STARTUP LOGの資金調達記事へのリンク掲載や固定記事を活用するなど、P

【まきチャレ2023記念インタビュー | Staple】シンガポール発 画期的な文書電子化サービス、Stapleとは

まきチャレ2023(以下、まきチャレ2023)は、牧之原市(静岡県)の「産業資源」と「観光資源」を活用して、自らの事業を地域と共に発展させるビジネスプランを全世界のスタートアップ企業から募集し、評価するビジネスコンテストです。第2回開催である今回は、EXPACT代表の髙地が審査員として参加しました。 この度は、まきチャレ2023のファイナリストの一人であるStaple社CEO、ベン・スタイン氏に彼らの提供するサービスおよびまきチャレ2023に対する印象、そしてこれからの日本

【静岡市アクセラレーションプログラム2023採択企業インタビュー | 株式会社JCL】静岡市から自転車文化を創造する

静岡市が主催するアクセラレーションプログラム「静岡市アクセラレーションプログラム」のデモデイが2月22日(木)に開催されました。 静岡市アクセラレーションプログラムは、成長意欲の高い事業者や起業家、外部パートナーとの協創活動によりさらなる事業拡大を目指す事業者へ集中的に支援を行い、、静岡市経済の持続的な発展と新たな産業や雇用の創出を目的としています。サポート企業としてEXPACTも運営に携わっており、デモデイのアントレプレナーシップセミナーには、代表の髙地も登壇いたしました

【静岡市アクセラレーションプログラム2023採択企業インタビュー | リッパー株式会社 】タイヤを黒から白へ革新的な新素材で世界に挑む

静岡市が主催するアクセラレーションプログラム「静岡市アクセラレーションプログラム」のデモデイが2月22日(木)に開催されました。 静岡市アクセラレーションプログラムは、成長意欲の高い事業者や起業家、外部パートナーとの協創活動によりさらなる事業拡大を目指す事業者へ集中的に支援を行い、静岡市経済の持続的な発展と新たな産業や雇用の創出を目的としています。サポート企業としてEXPACTも運営に携わっており、デモデイのアントレプレナーシップセミナーには、代表の髙地も登壇いたしました。

【まきチャレ2023開催記念インタビュー| S.Lab】ウクライナ発、環境に優しい植物由来素材のパッケージ製造技術で日本展開をめざす

2022年静岡県牧之原市は、地域資源を産業や観光に活用するための革新的なビジネスアイデアを募集する場として、「牧之原市チャレンジビジネスコンテスト(以下まきチャレ)」を初めて開催しました。 初年度は海外10社を含む90社以上の応募があり、第1回のまきチャレ大賞は、ウクライナのスタートアップ企業「S.Lab」が受賞しました。S.Labは、発泡プラスチックに完全に取って代わる、環境に優しい2つの植物由来の成分のみを使用したパッケージを製造しています。 この記事では、S.Lab

【静岡市アクセラレーションプログラム2023採択企業インタビュー | ジオ・マーク株式会社】デジタルマップから広がる新たな体験の可能性とは

静岡市が主催するアクセラレーションプログラム「静岡市アクセラレーションプログラム」のデモデイが2月22日(木)に開催されました。 静岡市アクセラレーションプログラムは、成長意欲の高い事業者や起業家、外部パートナーとの競争活動によりさらなる事業拡大を目指す事業者へ集中的に支援を行い、静岡市経済の持続的な発展と新たな産業や雇用の創出を目的としています。サポート企業としてEXPACTも運営に携わっており、デモデイのアントレプレナーシップセミナーには、代表の髙地も登壇いたしました。

【静岡市アクセラレーションプログラム2023採択企業インタビュー | 株式会社GooZENラボ 】可能性を切り開くのは「偶然性」という選択肢

静岡市が主催するアクセラレーションプログラム「静岡市アクセラレーションプログラム」のデモデイが2月22日(木)に開催されました。 静岡市アクセラレーションプログラムは、成長意欲の高い事業者や起業家、外部パートナーとの協創活動によりさらなる事業拡大を目指す事業者へ集中的に支援を行い、静岡市経済の持続的な発展と新たな産業や雇用の創出を目的としています。サポート企業としてEXPACTも運営に携わっており、デモデイのアントレプレナーシップセミナーには、代表の髙地も登壇いたしました。

【静岡市アクセラレーションプログラム2023採択企業インタビュー | 合同会社ノーエン】職人の勘を数値化し「おいしい」の可視化を実現

静岡市が主催するアクセラレーションプログラム「静岡市アクセラレーションプログラム」のデモデイが2月22日(木)に開催されました。 静岡市アクセラレーションプログラムは、成長意欲の高い事業者や起業家、外部パートナーとの協創活動によりさらなる事業拡大を目指す事業者へ集中的に支援を行い、、静岡市経済の持続的な発展と新たな産業や雇用の創出を目的としています。サポート企業としてEXPACTも運営に携わっており、デモデイのアントレプレナーシップセミナーには、代表の髙地も登壇いたしました

【月刊】注目海外スタートアップ5選〜2024年4月〜

こんにちは、STARTUP LOG 運営事務局です! 今回は、2024年3月に資金調達を実施した海外スタートアップから注目の企業を業務内容とともにご紹介します。 ※プレスリリース公開日順 リモートワークで働く従業員のバックオフィス支援【RemotePass】 RemotePassは、150か国を超える国のリモート契約者または従業員をオンボード、管理、支払い、および維持するためのバックオフィス支援事業を展開しています。 新型コロナウイルスにより、より一層普及したリモートワ

【月刊】注目国内スタートアップ5選〜2024年4月〜

こんにちは、STARTUP LOG 運営事務局です! 今回は、2024年3月に資金調達を実施した国内スタートアップから注目の企業を業務内容とともにご紹介します。 ※プレスリリース公開日順 対話型の営業・マーケティング向け動画活用プラットフォーム【株式会社LOOV】 株式会社LOOVは、対話型の営業・マーケティング向け動画活用プラットフォーム「LOOV」を提供しています。顧客の属性に応じてプレゼン内容が自動的に変化する営業動画を作成・配信することができるほか、視聴データや

【月刊】注目国内スタートアップ5選〜2024年3月〜

こんにちは、STARTUP LOG 運営事務局です! 今回は、2024年2月に資金調達を実施した国内スタートアップから注目の企業を業務内容とともにご紹介します。 ※プレスリリース公開日順 タレントサブスクに強みを持つIPマーケティングサービス【株式会社Wunderbar】 株式会社Wunderbarは、IPマーケティングサービス「Skettt」を運営しています。地方・成長企業の認知獲得・売上向上の支援に特化し、有名タレントの宣伝素材提供をはじめとするIP活用を軸としたマ

【月刊】注目海外スタートアップ5選〜2024年3月〜

こんにちは、STARTUP LOG 運営事務局です! 今回は、2024年2月に資金調達を実施した海外スタートアップから注目の企業を業務内容とともにご紹介します。 ※プレスリリース公開日順 農産物サプライチェーンの廃棄物対策【ProducePay】 ProducePayは生鮮食品の生産者と消費者に食料品のサプライチェーンにおける透明性と柔軟性を高めることをミッションに掲げ、農産物サプライチェーンの廃棄物削減に取り組むスタートアップです。同社はサプライチェーンの監視と、食品

【月刊】注目国内スタートアップ5選〜2024年2月〜

こんにちは、STARTUP LOG 運営事務局です! 今回は、2024年1月に資金調達を実施した国内スタートアップから注目の企業を業務内容とともにご紹介します。 ※プレスリリース公開日順 障がい等のある就労困難者に特化したDXプラットフォーム【VALT JAPAN株式会社】 VALT JAPAN株式会社は、「就労困難者の大活躍時代をつくる」というビジョンを掲げ、障がいや難病等のある就労困難者に特化したDXプラットフォーム「NEXT HERO」の運営を手掛けています。国内

【月刊】注目海外スタートアップ5選〜2024年2月〜

こんにちは、STARTUP LOG 運営事務局です! 今回は、2024年1月に資金調達を実施した海外スタートアップから注目の企業を業務内容とともにご紹介します。 ※プレスリリース公開日順 医師向けのAI医療メモアシスタントを開発【Nabla】 Nablaはパリに拠点を置く医療系スタートアップで、医師のための臨床メモを自動生成するツールを開発しています。このツールは、医療関係者の業務効率を向上させることを目的としており、音声テキスト変換技術を活用し、患者との会話をテキスト